さて、某日。ポルシェセンターにアポイントメントを取って、ボクスターとケイマンの試乗に行きました。
お店には、明らかに「冷やかし」のお客さんも多く、営業さんもあまり相手にはしません。

では、僕はどうなのか?何のクルマで行くか迷ったのですが、気合いを入れて

12年落ちのバルケッタをオープンにしてやってきました。
メカニックの方には「すごいっすねー!(色々な意味で)」とうけていましたが。

目黒のポルシェセンターの客層ははっきりって半端じゃないです。
モディファイされた911GT3なんかがどんどん入庫していきます。
乗っているとはいかにも収入層の高そうな身なり。僕は場違いなのか!?
と一瞬思いました。今まで言ったどのお店よりも客層が良かったのは間違いないです。


飲み物は常にアイスコーヒーです。
色々選ばせてくれるBMW,ベンツあたりとはかなり違った硬派な営業ですね。
まあ、アンケートは書かされるので、職業とかみて対応しているんでしょうね。


来ました!今日の試乗車ケイマン君です。


このリヤビューがたまりませんね。


内装は、オプションの付け方によって異なるのですが、基本的に普通の設定の一台です。


お店には黒のケイマンも。ケイマンの人気色は白、黒、続いてシルバーなんですね。
そしてこれが後々に大問題になってくるのですが!

さーて!いってきまーす!

私のインプレッション。
まず、シフトはしっくり入ります。ちょうど良いシフトの長さです。
クラッチも重くなく、つながりも楽です。2.7リッターあるので、そのままつないでも
エンストしません。

クルマの大きさは思ったほど感じません。フロントセクションが小さいせいでしょうか。
その代わり、リヤフェンダーにぶつけないように気を遣う必要はありそうです。

そして、エンジンですが、NAですが、本当にきれいに7000回転まで回ります。
カムが切り替わるあたり、セリカと似ているかも知れません。
馬力は当然、それ以上にあります。

一方、操作系は非常に重めです。ハンドルは最小限のパワステ。
路面によってはかなりハンドルをとられますので、油断が出来ません
ブレーキに関しては911の感じと似ていて、しっかり踏むとその分止まるタイプ。
逆に言うと日本車のブレーキぐらいで踏んでも効きません。追突します。
慣れないと少し怖いところですね。

エンジンは、営業さんの話でも、ポルシェは低いギアで回してこそ、とのことなので、
2速で70kmぐらいまで回してみます。無理なくきれいに回ります。圧倒的なパワーは
感じられ無いものの(911もありませんでしたが)、悪い印象ではなかったです。
エンジン音も、ミドシップなのでそれなりに聞こえますが、悪くない感じです。
でも、ここら辺はいじってみたいところですが・・。

そして、一番良かったのが、ボディ剛性。後でのったボクスターとは全く別のクルマです。
ミッドシップの利点を生かしてぐいぐい曲がっていくのが、素人の僕でもよく分かります。


その後、ボクスターも運転しました。オープンは楽しかったですし、
運転しやすいですが、かなりボディは柔らかいようでした。

あと、油断できないのがトランクです。リヤとフロントにかなりのスペースがありますが、
どちらもラジエータやエンジンからの熱をもろに受けます。夏には60度くらいと。
仕事で冷却検体を運んだりする僕には困った話です。

さらに、リヤのスペースユーティリティに関しては、ゲートが全部開く、ケイマンの方が
圧倒的に便利に感じました。

前にも書きましたが、赤のポルシェを狙っていた僕には、幌が黒というのがどうしても許せませんでした。
ハードトップにしたいぐらい、と考えていたので、ケイマンは非常に魅力的に映りました。

すっかりケイマン派になった僕ですが、さていざ商談へ!!


ちなみに奥様はこれが良いと言っていました。
ベージュの内装の、targa Carrera 4S。のりだし1800万円ぐらいでしょうか。
普通に無理ですね−。まあ、将来のれたらいいですねー、という感じです。


元に戻る

次に続く