SpeedArtリヤスポイラー〜テストフィッティング


SpeedArtのリヤスポイラーをフィッティングしてみました。


イギリスからの個人輸入です。


丁寧に梱包されてきました。


解説書はちゃんとしていますが、バージョンが違うようで微妙に違いました。


カタログもついてます。


メインのスポイラーと両端の翼端板です。


元のスポイラーをかさあげするスペーサーです。


メインのスポイラー部分です。素材はFRPです。


裏側に純正の黒い部分がはまるようになっています。


両端にウィングがつきます。


スポイラーと純正スポイラーはボルトで固定します。


翼端板です。


仕上げは社外品にしてはきれいです。さすがメーカー品です。




両側にボルトで固定します。


なかなかいいデザインですね。


わくわく。


気になるフィッティングの隙間はそれほど大きくありません。


こちら側は少し目立ちますが、許容範囲でしょう。


このままだと干渉するので、スポイラーをスペーサーでかさ上げするようになっています。


このページを参照して純正スポイラーを外します。スポイラーも持ち上げておきます。


ここに・・。


このスペーサーをつけます。


11mmなので前もって工具を用意しておいて下さい。


スペーサーを入れて、純正の黒い台座の部分をつけます。


そして13mmのナットで固定します。


ちなみに、台座とスポイラーは純正ではなく付属のナットでとめて一体化します。


少し隙間がありますが、見えないところなのでいいでしょう。


このような感じです。


台座は下げるとこの程度です。


これで両端にウィングをつけても干渉しませんね。

さあ、あとは鈑金屋さんで塗装してもらって、本取り付けです。

 


元に戻る