レッドvsスモークテール


なかなかインパクトのあるこのテール。公道での視認性はいかがでしょうか。


一見、視認性は悪そうですが・・・。


確かに純正と比べると見にくい部分はあります。


しかし、こっちの方がもっと見にくいです!レッドテールライト!


こちらがスモーク。


こちらがレッドテールライトです。一応、車検に通ることになっています。


左がレッドテールライト、右がスモークテールライト。では比較してみましょう!


ブレーキライト。明るさはほぼ互角です。意外!


ブレーキライト。こちらも光量はほぼ互角です。


意外にみやすかったんですね。スモークテール。


そして何故か見づらいレッドテールライト、という意外な結果でした。


スモーク+ブレーキ。


レッドテール+ブレーキ。あれ?白くないですね・・。
そうなんです、レッドテールでは、見る方向によって、本来の灯火と違う発色になります。
これがどのように評価されるのでしょうか。レンズの着色からやむを得ないのですが・・。


スモーク+バック+ウィンカー。


レッドテール+バック+ウィンカー。これもそうですね。本来黄色いウィンカーが、レンズの着色の関係で赤くなっています。

というわけで、自己責任で好きなテールをつければいいじゃないか、というのが僕の結論です。

ちなみに、ステルスバルブ(コーティーングバルブ)を使うと、視認性はスモークテールの比でなく悪化することがあります。
バルブのコーティングのやり方によるのですが。


ちなみに海外では下半分のスモークというのも盛んです。


黒いクルマには似合いますね。


白いクルマでも良いですね−。


こちらはフィルムではなく塗装で処理をしています。クリアに色を混ぜて吹いています。


薄いグレー(少し茶色がかっている?)も可能です。


これなら、視認性も悪く無いですね。


さらに上下を塗り分けるという人もいます(ボクスターです)。


しかし、これは真っ黒すぎか・・・。


ヘッドライトの分離もアメリカでは定番です。


ライトの色が変わると印象がずいぶん違いますね。


ここら辺は試してみたいところです。


しかし、これは黒すぎて怖いですね。


ここまで来るとは!(CG処理かな?)

というわけで世界は広いです。


元に戻る