鍵電池交換


日本ではあまり電波法の関係でリモコンの電波出力が弱く不便なリモコンキーですが、
電池は普通に消耗します。ダッシュボードに近づけないと電波が届かなくなったら電池が消耗しています。
ちなみに海外の鍵は電波が強力で、相当離れていても必ず開閉させられるので非常に便利です。
いいなぁ。・・といって出力をあげる改造は簡単ですが、違法ですので行わないように!お願いします♪


こちら側から開けます。


簡単ですね。先の細いマイナスドライバーでてこの原理です。


電池を固定しているツメを起こして外します。右側の基盤が本体です。
これだけ外れるので、色々使えそうですね。


電池を外したところです。


いれる電池は「CR2032」。一昔前の定番です。少し厚めの3Vボタン電池なら他の型番でも使えるでしょう。


電池をはめこんだら終わりです!

ご存じと思いますが、リモコンを操作すると、センターコンソールのドアロックのボタンが点滅します。
これが点滅しなければ、リモコンの不良。点滅しても開かなければ本体側(おそらく設定)の不良、というわけです。


元に戻る