カーボンボンネットダクト穴埋め


毎日足車として活躍しているK12マーチ様。


実はカーボンボンネットなんですが、6カ所ダクトが空いていて、エンジン直上!
当然、カバーもかけないし、屋根無し駐車場なので、これは対策しなくてはいけません!


最初はダクトFRPで埋めてボディ同色化しようと思いました。しかし思いついたのがこの商品。


本来はあちこちに貼って楽しむカーボンシールです。質感は非常に高いですよ。


これを切り貼りしてカーボンで埋めてみました。


いかがでしょうか?作業時間10分の割には違和感の無いできばえ、、でもないか。


カーボンで埋める事もできるのですが、まあ、似たようなモノですね。


誰も見ない裏側はアルミテープで防水しました。
 
雨の日は水が溜まるでしょう。でも気にしない♪足車ですから。

というわけでワンポイントDIYでした。
普通はカーボンの板を一枚エンジンの上にしいて、水が直接エンジンにかからないように処理します。
そのままダクトを空けておくのは国産車はやめておきましょう。壊れても誰も保障してくれません。

久しぶりにポルシェ以外もアップしてみました。色々実はやっていますよー。


元に戻る