ラジコンのLED4灯化


ラジコンに高輝度LEDを埋め込んで、ヘッドライトとテールランプが光るようにしました 


最近のラジコンは高性能・低価格です。今回はGTスープラとNSXをいじってみました。


商品はプロポ(無線機のようなもの)とボディから構成されています。生意気にもワイドボディですね。


ボディ側の電源は1.5V電池x2個です。このままでは高輝度LEDは光りません。
最近の明るいLEDは電圧降下が3.5V前後とかなり大きいのです。
昇圧基盤をいれるのも可能ですが、今回は簡単に12Vバッテリーを新たに積んでみました。


ボディはプラスネジを外していけば、分離できます。


驚いたのですが、ヘッドライトは2個、テールは1個の別パーツで構成されています。
リヤアンダーも取り外し可能です。


ノーマルのヘッドライトに穴をあけて、5mmの高輝度白色LEDを埋め込んでみました。
直列にLED2個と抵抗を繋いでいます。後面は2液のエポキシで固定しています。


リヤはテールに橙高輝度LEDを入れました。
スペース的にかなりきつくなりますが、配線がタイヤに干渉しないように注意して下さい。


バッテリーはリヤアンダーにタイラップ留めとしました。電池はセキュリティ等に使われる12Vアルカリです。


LEDはトグルスイッチでon/off可能としました。


点灯!フロントの光軸はやや上向きですが、かなり明るいです。


リヤは狭角のLEDを使ったので、スポット状になっています。


点灯して走らせるとかなり楽しいです。さらに重量配分が変わるために、オーバーステアになりました。
簡単にドリフトするので、面白いです。


NSXにも同様に埋め込んでみました。


ヘッドライトが小さかったので、フロントはグリルにLEDを埋め込みました。


テールライトは、スープラは橙、NSXは赤のLEDを使いました。


これで、暗闇でもバトルできます!