ハンドル交換


エアバッグを移植して革張りのものにハンドル交換してみました。


グレードや年式によるのでしょうが、もともとは使いづらい樹脂製のハンドルでした。
社外のものに変えても良かったのですが、ファミリーユースなので革張り(オプション設定?)のものにハンドル交換しました。


エアバッグを暴発させないようにアースをはずします。


ステアリングカバーの根元の左右の六角ネジを緩めます。


エアバッグが手前に外れるのでコネクタもはずします。


はずしたエアバッグです。不要なときはディーラーで引き取ってもらいましょう。


コラムカバーをとめている根元のプラスネジを左右はずします。


カバーのハメコミをはずして下側からはずします。


上のカバーも同様に外れます。


エアバッグへ行くカプラーをはずします。


あとはハンドルロックしてから、ボックスレンチでセンターナットを緩めてハンドルをはずします。

 
これでハンドルが外れました。

 


エアバッグへ行く配線も再利用する必要があったので、トルクスネジを外して配線パーツも移植しました。


あとは逆の手順でハンドルを元に戻していきます。


手触りがなんともいい感じになりました。


普段手に触れるところは大事ですね。