スタータモーターの交換


スタータモーターからエンジンをかけるときに異音がするようになりました。
スタータとしての機能は問題ないものの、かなり大きな不愉快な音がほぼ毎回始動時にします。
ピニオンギヤではなく、スタータモータ由来と思われたので、モーターを比較的年式の新しい部品取り車から
外して交換することにしました。ポロは1.4も1.6も同じモーターが使われて流用できます。BOSCHの型番も同じです。

しかし、スタータモーターは上からも下からも全く見えないはるか奥にあります。
Haynesの整備手順ではインマニを外して上からアプローチしています。仕方ないので僕も全部外しました。面倒です。


バッテリーのアースを外しておきます。


エアクリボックスを止めているネジを外します。


ネジは微妙にサイズが違うので、元の穴との対応を区別しておきます。


エアクリボックスに行くホースをとめているネジを外します。


さらに裏側からのパイピングを抜いて外します。


これでエアクリボックスを手前に外すと、スロットルが見えてきます。


しかし、全くスタータモーターは見えません。頑張りましょう。


スロットルケーブルをとめているピンを外し、ケーブルを緩めて外しておきます。


スロットルにつながるコネクタを外します。一応、忘れないようにテープでマーキングしておきます。


スロットルをとめているナット(HEX)とホースを外します。


これでスロットル本体が外れます。インマニに行く穴はテープでふさいでおきます。


フュールレールのコネクタを外していきます。


全部外してはめ込みを外すと配線を持ち上げることが出来ます。

 
ここからは完全に取り外さないでも作業が出来ます。


さらにレールをとめているナットを外します。レールが画像のように持ち上がります。


完全に外さずに持ち上げるだけで作業できます。


インマニをエンジンにとめているナットを緩めます。


忘れがちなオイルゲージをとめているネジも外しておきましょう。


これでインマニ全体を取りはずすことが出来ます。


これでスタータモータが見えてきます。


スタータモーターへのコネクタと配線を外します。


13mmのナットとボルト3箇所でモーターはとまっているので、エクステンションラチェットを使って外します。


あとは元の手順で新しいモータを取り付ければ完了です。

Haynesの整備書によれば、これで星3つだそうです。厳しい!