to English page

total count:   yesterday today

東京大学医学系研究科循環器内科
東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点
特任准教授
最先端次世代研究開発プロジェクト研究代表

西村智
(M.D., Ph.D.)

Satoshi Nishimura (M.D., Ph.D.)
Department of Cardiovascular Medicine
Translational Systems Biology and Medicine Initiative
the University of Tokyo

 

我々は独自に開発した「生体分子イメージング」を用いて全ての生活習慣病、肥満・糖尿病・脳心血管疾患(動脈硬化)・悪性腫瘍に対して、独自の視点より研究を行っております。現在の主なテーマはメタボリックシンドロームで、「いかに肥満した脂肪組織が形を変え(リモデリング)機能異常と疾患を起こすか」を明らかにすることです。しかし、近年、研究の対象は大きく広がり、「全ての疾患が生体イメージングの良い対象である」、と言っても過言ではありません。
西村智は、研究テーマの新規性・独自性より学振特別研究員(DC2・PD)、
JSTさきがけプロジェクト研究員、最先端次世代研究開発プロジェクト研究代表に採択されるとともに、多数の研究表彰(Award)を受けております。本ページでは研究結果の一端をお見せいたします。
生体の織りなすカラフルなイメージ画像・動画をお楽しみ下さい。
まずは、
からご覧下さい。

 

News!

2012.7.18.
日本肥満学会奨励賞に内定しました。

2012.7.18.

ためしてガッテンに研究が紹介されました。
2012.5.1.
日本心臓血管内分泌代謝学会高峰譲吉研究奨励賞に内定しました。

2012.4.11.
NHK「ためしてガッテン」にて研究内容が紹介されました。


2012.4.1.

BS日テレ「医療の扉」にて研究内容が紹介されました。

2012.3.18.
TBS「カラダのキモチ(血管特集)」にて研究内容が紹介されました。

に新たな動画をアップしました。

2011.11.23.
Bloodに以下の論文が掲載されました。共同研究者の皆様、研究をささえて下さった方々、どうもありがとうございました。

In vivo imaging visualizes discoid platelet aggregations without endothelium disruption and implicates 
contribution of inflammatory cytokine and integrin signaling

Satoshi Nishimura
1,2, Ichiro Manabe1,2,3, Mika Nagasaki1,4, Shigeru Kakuta9,11,
Yoichiro Iwakura9,12, Naoya Takayama10, Jun Ooehara10, Makoto Otsu10,
Akihide Kamiya10, Brian Petrich13, Tetsumei Urano14, Takafumi Kadono5,
Shinichi Sato5, Atsu Aiba6, Hiroshi Yamashita1, Seiryo Sugiura7, Takashi Kadowaki2,3,8 
Hiromitsu Nakauchi10, Koji Eto10,15, and Ryozo Nagai1,2,3

1Department of Cardiovascular Medicine, 2Translational Systems Biology and Medicine Initiative, 3Global COE Program, Comprehensive Center of Education and Research for Chemical Biology of the Diseases, 4Computational Diagnostic Radiology and Preventive Medicine, 5Department of Dermatology, 6Laboratory of Animal Resources, Center for Disease Biology and Integrative Medicine, Faculty of Medicine, 7Department of Human and Engineered Environmental Studies, Graduate School of Frontier Sciences, 8Department of Metabolic Diseases, The University of Tokyo, Japan; 9Laboratory of Molecular Pathogenesis, Center for Experimental Medicine and Systems Biology, and 10Division of Stem Cell Therapy and Stem Cell Bank, Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Institute of Medical Science, The University of Tokyo , Japan ;

急募!
研究を一緒にやっていただける大学院生を応募致します。
研究の為のリソース(資金、機材、動物実験施設、実験補助員)とアイデアは豊富にあります。
あとは、皆様のやる気です!
ご興味がある方は西村(snishi-tky@umin.ac.jp)までご連絡下さい。

2011.10.9
TBS「カラダのキモチ(血小板特集)」にて研究内容が紹介されました。

2011.10.1.
日本テレビ「所さんの目がテン!」にて研究内容が紹介されました。

 

2011.7.31.

TBS「カラダのキモチ」にて研究内容が紹介されました。西村自身も出演しています。

2011.10.1.東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術開発拠点の特任准教授に就任しました。
みなさん、一層のご支援・ご指導をよろしくお願いします。



念願の911ターボとR35GT-Rを丸一日乗り回してきました。
ワインディングを500馬力のクルマで安全に走ってきました。
どちらも素晴らしいクルマですが、とても手が出ません。
悔しいので画像だけの掲載です。
急募!

動物を扱えるかたの研究補助員を一名募集しています!
勤務時間日程、内容、全て応相談です。
東京大学規定の給与ですが、こちらも応相談です。
急いでおりますので、西村( snishi-tky@umin.ac.jp)まで、ご連絡をお待ちしております
経験者優遇致します。

2011.7-11.三つの受賞を西村智がうけました。
2011.11.1. 東京 平成23年度日本医師会医学研究奨励賞 
2011. 9.1. Belfast, Northern Ireland, Andor 2011 Insight Award in the Life Sciences category 
2011.8.20-21. 東京 第9回血液・血管オルビス Young Investigator's Award

2011.9.15.より2012.1.31. 
健康と医学の博物館展示 第二回企画展「血管のひみつ」 
東大医学部図書館にて展示中
2011.7.31.

TBS「カラダのキモチ」にて研究内容が紹介されました。西村自身も出演しています。





2011.5-7. 糖尿病学会・細胞生物学会・US-Japan-Dialogueにて受賞されました
2011.7.31. 東京 The 12th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases, Outstanding Best Presenter Award
2011.6.28. 札幌 第63回日本細胞生物学会大会 若手優秀発表賞 最優秀賞 
2011.5.20. 札幌 第1回日本糖尿病学会若手研究奨励賞最優秀賞

2011.5.14
NHK教育「テレビシンポジウム」に画像提供を行い、研究内容が紹介されました。


2011.4.30.
NHK「サイエンスZERO」に画像提供を行いました。

 

2011.04.23.
日本テレビ「世界一うけたい授業」に画像提供を行い、研究内容が紹介されました。





 

2011.02.28.
新規生体イメージングについて日刊工業新聞第一面にとりあげられました。


クリックすると拡大します

2011.2.20.
西村智が最先端次世代研究開発プロジェクトに採択されました。

新学術領域「蛍光生体イメージ」、厚生労働省科学研究費再生医療事業、にそれぞれ採択されました。

2011.1.18

ヒトiPS細胞由来人工血小板に関する論文(医科学研究所江藤准教授グループとの共同研究)
"Transient activation of c-MYC expression is critifal for efficient platelet generation 
from human induced pluripotent stem cells. (Takayama N, Nishimura S, et al. )"
がJournal of Experimental Medicine, 2010; 207(13):2817-2830に掲載されました。
 <Manuscript Download>

この論文はJEMの表紙に選ばれました。
  

この論文はJEMのEditorialで紹介されました。<Editorial Manuscript Download> 

この論文はNatureに紹介されました。

   

2009.9.24.

少し前の掲載ですが、
技術評論社 知りたい!サイエンスシリーズ 光る生き物―ここまで進んだバイオイメージング技術― 
「光る細胞が教えてくれること」
にて研究が紹介されました。



2010.12.1-2

16回武田科学振興財団生命科学シンポジウムにてExcellent Poster Awardを受賞しました。

2010.12.4.

NHK TV「サイエンスZERO」にて研究が紹介されました。






2010.4.12.

日本バイオレオロジー学会論文賞を受賞しました!

2010.2.27.
2つのYIAを受賞しました。
2010.2.27. 東京 第4回炎症・脂質代謝・メタボリサーチフォーラム Young Investigator Award
2010.2.26-27.
東京 第33回日本微小循環学会総会 Young Investigator Award 最優秀賞

現在、研究室に二光子生体イメージングシステムを構築しています。研究成果にご期待を♪

2009.12.24
循環器学会八木賞をはじめ、6つの賞を受賞しました。

2010.3.6. 京都 日本循環器学会第19回八木賞 
2010.1.18. 東京 日本顕微鏡学会バイオメディカルニューマイクロスコープ分科会平成21年度講演会 最優秀演題
2009.12.6. サンディエゴ Olympus BioScapes Digital Imaging Competition, Honorable Mention Award 
2009.11.27.
京都 第19回日本循環薬理学会Young Investigator's Award 
2009.7.3-4.
金沢 第17回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウムYoung Investigator's Award 
2009.6.2-4.
名古屋 第61回日本細胞生物学会大会 若手優秀発表賞

2009.12.24
血小板のイメージングを用いたJ Clin Invest誌の論文について、日経産業新聞の先端技術欄に掲載されました。

Clickすると拡大します

2009.11.11.
血小板のイメージングを用いた論文がJCIにアクセプトされました!

Lnk/Sh2b3 regulates integrin alpha-IIb-beta3 outside-in signaling in platelets 
leading to stabilization of developing thrombus in vivo
  
Nishimura S*, Takizawa H*, Takayama N, Oda A, Nishikii H, Morita Y, Kakinuma S, Yamazaki S, Okamura S, Tamura N, Goto S, Sawaguchi A, Manabe I, Takatsu K, Nakauchi H, Takaki S, Eto K. (*same contribution)
J Clin Invest., 2009, in publication.

2009.10.21.
横河電機のユーザ紹介にインタビュー記事が載っています。こちらのリンクからどうぞ。

技術評論社 知りたいサイエンス 「光る生き物」 メタボのイメージングに取材記事が載りました。

2009.7.27.
Nature Medicine誌の論文について、NHK TV・フジTV、多数の新聞・海外メディアに、
記者会見の模様が掲載されました。


新聞記事報道についてはこちらからどうぞ。

2009.4.14.
平成21年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 を西村智が授賞しました。
「新規生体イメージングによるメタボリックシンドロームの研究」

2009.3.19.
肥満脂肪組織のリンパ球に関する論文がNature Medicine誌にAcceptされました。
ご指導を頂いた関係各位の方に感謝の意を表したいと思います。

CD8+ effector T cells contribute to macrophage recruitment and adipose tissue inflammation in obesity 
Satoshi Nishimura1,2,3*, Ichiro Manabe1,2,3*, Mika Nagasaki1,4, Koji Eto5, Hiroshi Yamashita1
Mitsuru Ohsugi6, Makoto Otsu5, Kazuo Hara6 Seiryo Sugiura7, Kotaro Yoshimura8, Takashi Kadowaki6, and Ryozo Nagai1
*
Corresponding Author

2009.3.19.
研究補助員募集にはたくさんのご応募を頂きありがとうございました。

 


Webmaster: Satoshi Nishimura 
(the University of Tokyo, Department of Cardiovascular Medicine)

2007-2012, all rights reserved. 
本ホームページに掲載されている内容は全て著作権は西村智に帰属します。
一切の無断転用をお断りします。

 SEARCH    
AND OR
完全一致 正規表現    
全文検索のため数秒かかります