2009.4. ポルシェGT1とは?


GT2、GT3と市販車はよくみかけます。では、永久欠番のポルシェGT1とは何でしょうか?
ポルシェが96年のルマン24時間に参戦するために作ったレーシングカーです。


そして、公道を走れるストリートバージョンもあるのです!


外装はレーシングカーのGT1とほぼ同様です。


インテリアはストリートバージョンはレーシングカーとは大きく違います。当たり前ですね。


おや?エンジンはいずこへ?気づかれたでしょう。
911GT1という名前を名乗りながら、RRではなくミドシップというのが「・・・」ですね。でも車は最高です。


まじですか?の開き方。


当然、価格は1億円を超えます。


涙目、というのが時代を感じさせますね。


そしてこのGT1の詳細を記した貴重な本を、とある方から頂きました。これ見たら、ポルシェファンはたまりませんよ!


ここまで書いちゃって大丈夫なの?という内容です。
GT1のエンジンパーツをわずかでも使っているだけで、GT2・GT3というクルマの価値があがるくらいですから、
GT2・GT3オーナーは必見ですね。


開発過程も書いてあります。今と違って空力ではなくモデリング重視なのが面白いです。


そしてこれがストリートバージョン。


98年のルマンで一位二位ですが、98年のFIA GTではMercedes CLK GTRに苦戦していたようです。


やはりルマンはいいですね!


デザインスケッチです。


カーボンモノコック


エンジンパーツ





スペックも書いてあります。


重さは950kg。今のF1は600kg台くらいですから、時代の差を感じますね。


3200ccで550馬力ですが、今の市販車でもこれぐらいはありますね。

やはりポルシェはレースカーのメーカーですね。4ドア作っている場合じゃない!・・・かな?

このときにアウディのレースカーの本も頂きました。


Audi R8 ルマンです。今のR8とは全く似てませんね。








そして僕の好きなDTMに出ていたアウディA4。


ハコ車のレースはDTMが一番格好良い!、と個人的に思います。



元に戻る